情報工房zukayer

じょうほうこうぼうズカイヤー 。Shimoda Yuji 元企業の戦略企画担当。メディアの動向と軍事情報ネットワークを研究中。

河野太郎防衛大臣のツイート:対特殊武器衛生隊

河野太郎防衛大臣が「ダイヤモンドプリンセス」号関連業務終了のツイートをしました。

 

「今回、自衛隊は、対特殊武器衛生隊をはじめ衛生隊を含む隊員がクルーズ船や帰国した邦人の宿泊施設で、医療支援、生活支援にあたりました。「ダイヤモンドプリンセス」号関連業務は終了し、業務にあたった隊員は、停留に入っています。」

 

対特殊武器衛生隊は添付図の赤丸内にあります。

f:id:zukayer:20200303162736j:plain

陸上自衛隊の構造②2020冬

drive.google.com

最新 米国宇宙軍の構造について

最新 米国宇宙軍の構造について

昨年1220日に米国宇宙軍 (U.S. Space Force) が設立されてから1月あまり、宇宙軍の構造が大まかに見えてきた。

空軍長官のもとに空軍省は空軍参謀長(Chief of Staff, US Air Force)と宇宙作戦部長(Chief of Space Operations)に分かれ、宇宙作戦部長が宇宙軍の指揮をと

る。海軍の場合、海軍長官のもとに海軍作戦部長と海兵隊総司令官に別れるのと同様である。海兵隊と違うのは宇宙軍には専任担当の次官が付く点である。

 

 宇宙軍 (U.S. Space Force) はバージニア州アーリントンのペンタゴン内に設置され軍政を司る。陸海軍などと同様の6番目の組織となる。母体は旧空軍宇宙コマンド(AFSPC:Air Force Space Command)である。

 宇宙コマンド(U.S. Space Command)は、コロラドスプリングスのピーターソン空軍基地に設置され、John W.Raymond司令官が11番目の統合軍(Combatant Command)として軍令を司る。宇宙コマンドはSPOC、CFSCC、JTF-SDの3つの部門を持つ。

 1番目のSPOC(Space Operations Command)=宇宙作戦司令部は、20191220日に元の第14軍(14th Air Force)から改称された。司令部はバンデンバーグ空軍基地カリフォルニア州)に置かれ、司令官はJohn E. Shaw少将。5つの航空団(Wing)で構成される。

 衛星打ち上げを担当する2つの宇宙航空団、30宇宙航空団 (30th Space Wingバンデンバーグ空軍基地)と45宇宙航空団 (45th Space Wing、パトリック空軍基地、フロリダ州)がある。21宇宙航空団 (21th Space Wingピーターソン空軍基地)は、ミサイル警戒と、地上レーダーの運用、GEODSS(地上電子的光学深宇宙監視)などの運用を行う。GEODSS(Ground-base Electro-Optical Deep Space Surveillance)は、望遠鏡、低照度テレビカメラ、コンピュータによる光学システム(AN/FSQ-224)をホワイトサンズ、ディゴガルシア、ハワイに展開している。460宇宙航空団 (460th Space Wing、バックリー空軍基地コロラド州)は、早期警戒衛星のSBIRS-GEOSBIRS-HEO STSS を運用制御し、地球規模でのミサイル警戒監視を行う。50宇宙航空団 (50th Space Wing、シュリーバー空軍基地コロラド州)は、国防総省所有の衛星の指揮・管制を行う。衛星運用ネットワークの維持管理を行う第50ネットワーク作戦群

(50th Network Operations Group)と、管轄する人工衛星の追跡・監視・制御を行う第50作戦群(50th Operations Group)の2つの作戦群を持つ。GPSAEHF WGS通信衛星、光学センサーによる衛星・デブリの監視するSBSS 宇宙配備宇宙監視衛星、GSSAP 静止宇宙状況認識プログラム衛星の運用を行っている

 2番目のCFSCC(Combined Forces Space Component Command)=統合軍宇宙コンポーネントコマンドは、バンデンバーグ空軍基地に置かれ、司令官はSPOCと兼任のJohn E. Shaw少将 である。技術開発を行う宇宙ミサイルシステムセンターを傘下に持つ。SMSC(Space and Missile Systems Center)。また、CFSCCは4つのセンターを運用している。

CSpOC ( Combined Space Operations Center) 軌道上の物体、デブリを含むカタログを管理している。バンデンバーグ空軍基地。今年新設される予定の航空自衛隊「宇宙作戦隊」と連携する予定である。② MWC (Missile Warning Center) ミサイル警告センター、SBIRS早期警戒衛星の情報を収集している。コロラドのシャイアンマウンテンの地下にある。③ J-OPIRC : OPIR Battlespace Awareness CenterOverhead Persistent InfraRed ) 、新しい早期警戒衛星を運用している。④ JNWC : Joint Navigation Warfare Center 、共同航海戦センターはカートランド空軍基地(ニューメキシコ州)で運用されている。

 

 3番目のJTF-SD (Joint Task Force Space Defense)=宇宙防衛統合任務部隊は、2019/8/21に設立された国立宇宙防衛センター(NSDC:National Space Defense Center)と連携する。国立宇宙防衛センターは、24時間365日運用されるセンターで201818日に運用開始した。宇宙軍の組織ではなく、宇宙軍とNSANROなどのインテリジェンス・コミュニティと情報共有、調整を目的として設立された。

 

 現在は上記3つの組織、約1万6千人の規模である。今後の課題は、宇宙担当国防次官の決定、エアスタッフ宇宙部門の分離、国防総省直轄のRCO(Rapid Capabilities Office)の宇宙部門の分離や、陸軍、海軍の関係部門の分離が検討されている。

 陸軍では米陸軍宇宙・ミサイル防衛司令部 USASMDC(U.S. Army Space and Missile Defense Command) の第1宇宙旅団があげられる。現在、JTACSWGS通信衛星の運用を行っている。海軍では、艦隊サイバーコマンドに所属のMUOS通信衛星を運用する海軍衛星運用センター(NAVSOC:Navy Satellite Operations Center)などがある。

 

以上、米軍ファクトシート、「軍事研究」、「SPACE NEWS」などを参考にした。

 

drive.google.com

drive.google.com

f:id:zukayer:20200206163429j:plain

f:id:zukayer:20200206163507j:plain

 

米国宇宙コマンドは宇宙というエリアを担当する地域別戦闘軍だ。

米国宇宙軍(U.S.Space Force)が、昨年の1220日に設立された。陸・海・空軍・海兵隊沿岸警備隊に続く6番目の軍種である。

統合戦闘軍(Combatant Command)としての「宇宙コマンド」(US Space Command)は、中東やアジア・太平洋地域と同様に宇宙という地域を担当する地域別戦闘軍となっている。

f:id:zukayer:20200109154349j:plain

US Military Organization 2020W

drive.google.com

テレビ朝日HD、東映を持分法適用関連会社に。

2019/12/9

テレ朝HDは9日、東映を持分法適用関連会社にした。

12.96%→17.77%

メディア再編は少しづづ進んでいる。

f:id:zukayer:20191210142036j:plain

朝日新聞グループの現在

 

Netflix、米国市場で初の加入者純減

Netflix米国市場で初の加入者純減。値上げによるものであり、競合他社の影響ではないと発表。
2019年第2四半期、米国市場加入者6,010万3千加入。前四半期比126千の純減。前年同期比4144千加入増。

この辺がプラトーポイントなのか?

秋からApple、ディズニー、AT&T・ワーナーメディア、ComcastNBCの本格反撃が始

まる。

f:id:zukayer:20190718182626p:plain

Netflix 2019年第2四半期加入者数

日本メディアマップ2019夏 

 各社の有価証券報告書が出揃ったので「日本メディアマップ2019夏」を公開します。新聞発行部数の激減で新聞社の支配力は弱まるのか?

米国ではAT&TやVERAIZONのような携帯電話企業がメディアの中心に躍り出ている。日本の携帯電話企業はどう動くだろうか?四半期に一回見ていきたい。

f:id:zukayer:20190716174358j:plain

日本メディアマップ2019夏

drive.google.com

米宇宙軍司令部人事、ジョン・レイモンド空軍大将を下院が承認

米下院は627日、米宇宙軍司令部人事でジョン・レイモンド空軍大将を承認した。

空軍宇宙司令部・AFSPC司令官と兼任する。司令部の置かれる場所は未定である。バンデンバーク空軍基地(カリフォルニア州)とシュリーバー空軍基地(コロラド州コロラドスプリングス)の2箇所に拠点を置く。

 バンデンバーグに設立する「統合軍宇宙コンポーネントコマンド」CFSCCに第14航空軍のホワイティング少将が兼任する。

 シュリーバーに設立する「宇宙防衛統合任務部隊」JTDSDの司令官は未定。傘下に第50宇宙航空団の(50thSpace Wing)の第1宇宙作戦中隊を置き、宇宙軍設立に向け進宇宙ベースの宇宙ベースの宇宙状況認識に特化する。

 宇宙軍設立に向け準備が進んでいる。

 

f:id:zukayer:20190702172028p:plain

米宇宙軍司令部の構造